M.S.S Projectのオフィシャル暗黒墓地

M.S.S Project(MSSP)はLINEブログで活動中

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: オススメCD

Comment (1)  Trackback (0)

上原ひろみ「Brain」


ブレインブレイン
(2004/04/21)
上原ひろみ

商品詳細を見る



Artist :上原ひろみ
Title :Brain
Years :2004
Genre :ジャズ、フュージョン

2003年に「Another Mind」でデビューし今作は2ndアルバム。
数曲であのAnthony Jackson(アンソニージャクソン)がBassで参加。
内容はpiano Bass Drumsの3ピースバンド
このアルバムから
Bassがトニー・グレイ
Drumがマーティン・ヴァリホラ
で固定されていく

昨曲、編曲すべて上原ひろみさんがしているようです。
ジャンルはジャズなんだろうけどスタンダード系じゃなく
オリジナルって所がまたいいですね。
曲の基本形態は構築系テーマ部にピアノとベースのソロ回し。
時々遊び心溢れるNord Leadのシンセアプローチなども取り柄入れている。

全体的にメロディアスな構築系フレーズが多いです。
勿論アドリブ系も鳥肌モノ
物凄く聴きやすくてジャズ初心者には良いですね。
プログレッシブな要素も含まれており飽きさせない

ベースとドラムも聴きごたえ十分でベースはソロパートもあるので
ピアニスト以外にも楽しめそう

テクニック、音質、バリエーション全てにおいて
隙がない
ただ生粋のオールドジャズが好きな人はシンセパートやプログレ的な部分が苦手と
思う部分が多いかもしれません。


●ベストソング
Kung-Fu World Champion
If…
Brain
Desert On The Moon

●ビギナー専用視聴順
Desert On The Moon
Kung-Fu World Champion

●鳥肌ポイント
If… イントロ
Brain イントロ 3:00~ 6:00~ 6:55~
Desert On The Moon イントロ 3:41~ 5:15~

●こんな人にオススメ
超絶ジャズが好きだ
ジャズ初心者だ
普通のジャズは飽きた
メロディアスなジャズが聴きたい
ピアノが好きだ
スポンサーサイト

Category: オススメCD

Comment (6)  Trackback (0)

真・三國無双 究極音盤


真・三國無双 究極音盤真・三國無双 究極音盤
(2002/02/21)
ゲーム・ミュージック、一青窈 他

商品詳細を見る


Artist : MASA(真・三国無双)、一青窈
Title : 真・三國無双 究極音盤
Years : 2002
Genre : ゲームサントラ、ハードロック

コーエーの超人気ゲームソフト!タクティカルアクションゲーム
というジャンルを完全に樹立したような作品
それが三国無双シリーズだ

ちなみに僕は真・三国無双2、3、4までプレイしました。猛将伝ともちらほら
その中でも一番ハマったのが2なのですがイかれた具合にやり混みまくりましたね
ゲームの内容については触れませんが素晴らしいのは間違いないのですが

なんせ曲がカッコイイッッ!

※ちなみにDisc2枚組みなのですがDisc1が真・三国無双2 Disc2が真・三国無双+三国無双のサントラ
今回は内容が多いのでDisc1に絞って紹介します

プレイ中も音楽ばっかり聴いてましたが当時はまだギターの生音をゲーム音楽に活かすっていう
そういった流れは今では普通ですが当時はあまり無かったのです
しかもここまでヘヴィなギターなんてのはね!

実はこのアルバム自分にとってかなり思い出深いモノで
何故か意味不明にこれを聴いたとき…

謎の大学中退を決意ッッ!

いや当時はそれほど衝撃的だった
これよりヘヴィな音楽はいくらでも聴いてましたがなんというか

ゲーム音楽にヘヴィギターがない…
そんなふうに考えてた時期が 俺にもありました


当時の若いKIKKUN-MK-Ⅱはこう思った

そっかぁ~ゲーム音楽って…ヘヴィだったんだ…

うん、確実に間違えてますがそう思わせるほどの爆発力がありましたよ

全体的な内容としては
大半がギターによるメロディアスヘヴィなギターメロ、
ツインリードを思わせるハモリリードフレーズ
随所に入るアドリブギター
ハードなリフ
バンドアンサンブル的楽曲
シンセサウンドによる聴きやすさ倍増
打ち込み系リズムパートありな楽曲によるアクセント

といった内容かと思われます


●ベストソング
1. OPENING-DW EMERGENCY MIX-(オープニングムービー)
2. THE FORCE FIELD(オープニング)
6. YELLOW STORM Ver.2(黄巾の乱)
12. CHASE THE WAVE(長坂の戦い・魏)
13. ENDLESS FIGHT(ステージ汎用・通常2)
25. EXOTIC TRAITORS(南蛮夷平定戦)
27. THE MEN OF INTELLIGENCE(合肥新城包囲戦・魏)
28. BLAST FROM THE EAST(合肥新城包囲戦・呉)
30. SACRED GROUND Ver.2(五丈原の戦い・蜀)
31. GRAVITY Ver.2(五丈原の戦い・魏)
36. 生路~CIRCUIT~(エンディング2)(一青窈)
38. OVER THE BLUE DRAGON(オープニングOUT TAKE)
多すぎた!

●ビギナー専用視聴順
1. OPENING-DW EMERGENCY MIX-(オープニングムービー)
30. SACRED GROUND Ver.2(五丈原の戦い・蜀)
ここらへんがカッコ良く聴きやすい

●鳥肌ポイント
1. OPENING-DW EMERGENCY MIX-(オープニングムービー)
イントロからずっと

30. SACRED GROUND Ver.2(五丈原の戦い・蜀)
イントロからずっと


●こんな人にオススメ
真・三国無双シリーズが大好きだ
ボリューム満点のアルバムが良い人
カッコイイハードロックスピリッツ溢れるツインリードメロディが好き
メロディアスなハードなリフが好き
効果的に使われるシンセサウンドが好き

Category: オススメCD

Comment (2)  Trackback (0)

神保彰「Four Colors」


Four ColorsFour Colors
(2007/05/23)
神保彰

商品詳細を見る

Artist :神保彰
Title :Four Colors
Years :2007
Genre :Fusion

元CASIOPEAの名ドラマーであり日本のフュージョン界を今だにひっぱり続ける神保彰さん。
千手観音の異名も持つ神保さんですが経歴などからテク系ドラマーかと思うかもしれません

しかし!彼のソロアルバムは凄いです
ドラマーソロアルバムと思えないほどの良質メロディアス曲
捨て曲全く無し
聴きやすいのですらーっと最後までいけるのですが要所々々で超絶テク

そしてワタクシの大好きなフランク・ギャンバレ(Frank Gambale)さんが参加!

内容についてはジャズ・フュージョンなのですが
完全オリジナル構成
全編にわたってアコースティカルな響き
テーマのメロディと間奏でのギター、ピアノ、ベースのソロが素晴らしい内容で
必要な分だけ入っている
神保さんの素晴らしい超絶グルーヴドラミング

フランク・ギャンバレさんはスウィープマスターとして知られてますが
このアルバムではメロディアスなフレーズを連発してくれてて
本当に素晴らしい!
アコギとセミアコ系エレキでのクリーンな音色のアドリブフレーズが最高!

ジャケの写真のような空気感がずっと漂っていて
風景を思わせてくれるようなそんな曲ばかり
ぜひ最初から最後まで聴いてみて欲しいアルバムです

田舎のドライブで良く聴いてました風景とマッチして最高でした
個人的プラチナディスク

●ベストソング
Four Colors
The Light
Co Co Ro
というか全曲

●ビギナー専用視聴順
トラック1から順番でOK!

●鳥肌ポイント
Four Colors
イントロ

The Light
イントロ
4:12ピアノ単独ソロ

Co Co Ro
1:45あたりからギターソロ→ピアノソロ

●こんな人にオススメ
他人と一緒にいる場でのBGMで使いたいが超絶テクを聴きたい
田舎のドライブにピッタリなBGMが欲しい
メタリックな響が無いけど超絶テクフュージョンが聴きたい
全パートの最高峰テクを聴きつつ良質でメロディアスな曲が聴きたい

Category: オススメCD

Comment (6)  Trackback (0)

Arch Enemy「Doomsday Machine」の紹介


Doomsday MachineDoomsday Machine
(2010/05/25)
Arch Enemy

商品詳細を見る

Artist :Arch Enemy
Title :Doomsday Machine
Years :2005
Genre :Melodic Death Metal

自分のメロデスのキッカケを与えてくれたのがArch Enemy
アーチエネミーと読みます
昔はなんせデスヴォイスが苦手でしたが
このアルバムで克服!

ヘヴィで印象に残るカッコイイリフのオンパレードを生み出す
アモット兄弟のツインギター!
女性Voだと気付かせないほどのダークなデスヴォイスと美しい容姿な
アンジェラ・ゴソウ!

意外とデスヴォイスって気にならないですね
楽器の一部的な感覚で聴いてます
恐らくはギターのリフが素晴らしいからでしょう

後は音質がいいです
全ての楽器のバランスが抜群にいい
ギターの音質が耳に痛くないし聴きやすい!

Enter The Machine→Taking Back My Soul
の流れは鳥肌ですね
そこからのNemesisでノックアウトです
この3曲だけで充分お釣りがきます

●ベスト ソング
Enter The Machine
Taking Back My Soul
Nemesis

●ビギナー専用視聴順
Nemesis
これでダメだったら諦めてください

●鳥肌ポイント
Taking Back My Soul
イントロ
3:15

Nemesis
イントロ

●こんな人にオススメ
ヘヴィで緊張感のあるギターリフが大好きだ
スピード感がありメロディアスなギターが好きだ

Category: オススメCD

Comment (6)  Trackback (0)

CD紹介する前に自分の事

ニコニコ生放送のM.S.S Projectコミュニティのカオスラジオにて
ワタクシKIKKUN-MK-Ⅱが個人的に好きであり
一般的にも受け入れられやすいCDを紹介していますが

過去ラジオで紹介したCDをブログでも
紹介していこうかと思ってます


一部ラジオで紹介する前にフライング、もしくはラジオ未紹介でもブログで紹介!
なんて事もありえるのでご注意を!

ブログ、ラジオ共に紹介基準を述べていきます

・まず良いと思ったものしか紹介しません
ダメだなぁと思ったCDについては特に触れません。紹介されないなぁと思ったら察してください!

・そのジャンルの中でなるべく聴きやすく王道的なモノを優先
たまに超個性的なものも紹介します。

・できる限りオールジャンルで!
俺が聴くジャンルはほぼオールジャンルなのでなんでも紹介します


特に基準なんてなかったと思いますがその通り!
プログレッシブからJ-POPまで取り上げていきたいですね


後は自分の音楽観点みたいなのも
CDレビューするうえで重要だと思うので話しておきましょう


基本的になんでも聴きます
勿論好みもあるし苦手なジャンルもあるんですが
同じジャンルでもアーティストによっては
さらにはアルバムによってはさらのさらには曲によっては
その苦手なジャンルを
克服するキッカケを作ってくれます

いつも苦手な音楽を聴く時はそれを期待して聴いてます
食わず嫌いは隠れた名盤を見逃してしまいますからね
今までになんどもそうやってジャンル開拓のキッカケをもらってきました

では好きなジャンルは何かと言い切りますと…
プログレッシブメタル
ハードフュージョン
インストゥルメンタル系
テクニカル系
ですね

歌モノも好きっちゃ好きですが耳に入ってなかったりします
普段からインストものばかり聴いてます
インストは歌詞が存在しないので先入観が無くて
自分で情景や人間関係や色々自分で想像して
聴くことができるので自由人な自分にピッタリです

じゃープログレはどうするんだ!歌があるじゃないか!
と、思いますが
個人的にプログレの歌はアンサンブルの一部と捉えています
凄く自然に曲の一部として馴染んでくるんです
インストパートも半数以上占めていますしね

ハードフュージョンはなんせインプロヴィゼーションのバトル!
ギターとキーボード、さらにはベースなんかも加わっての
ソロバトルが美味しいです
キメのフレーズによる緊張感に目まぐるしいコード展開
全パートがクリアーに聴こえるので楽器の息使いが聴こえてきそうですよね
ほぼインストっていうのがさらに美味しい!

こうなってくると歌が嫌いなのか!という声が聞こえてきそうですが
いや歌だけ聴いたりするのも好きですよ?
でもやはり楽器の研究としてはインストになってしまうのかも?

アーティストの人物像についてですが
どうでもいいです!
うん、曲が良ければ、演奏が良ければどんな悪人でも関係ないです
例えばそのアーティストが物凄くいい人だった場合
それは勿論プラスに働きます
演奏ももっと好きになることでしょう

その逆、めっちゃ嫌な人だったり黒い噂が絶えないなど
ほとんどの周りのアーティスト達が名指しで嫌う
そんな存在でも曲や演奏が良ければ決してマイナスにはなりません

人間ではなく音楽ってことですね

まぁ簡単に言うと良いものはいいし悪いものは悪い!
とにかくなんでも聴きまくる
ジャンルなんて関係ねぇ!

っていうスタンスです

ちなみに自分の好きな音楽を否定されて対して動じません
プログレの話なんて普段周りには全くしないですし
聴いてもらっても変なの~って言われるのが普通なので

まぁ好きなモノは人それぞれですよね

ただこれは凄く言いたい事ですが…

世の中にはまだまだ知らない至極の音楽が存在する

ということです
毛嫌いせずにぜひ腰を落ち着けて聴いてみる事をオススメします

後5年前に聴いたら微妙だったと感じた曲を今もう一度聴いてみてください
結構後悔します
こんな素晴らしい音楽を何故無視していたのだ!と。

最後に自分の好きなアーティストなど紹介


長くなるので今回は簡単に!
まずは…
Dream Theater


Metropolis Part 2: Scenes from a MemoryMetropolis Part 2: Scenes from a Memory
(1999/10/22)
Dream Theater

商品詳細を見る


人生で最も聴いた最強のコンセプトアルバム
終わりから最後までフレーズを口で言えるほどです
Dream Theaterはプログレッシヴメタルへの世界を開いてくれたと言っても過言ではない

激しいだけではないメロディアスであり複雑でありテクニカルで感情的
何もかもレベルの格が違いすぎる


Six Degrees of Inner TurbulenceSix Degrees of Inner Turbulence
(2002/01/28)
Dream Theater

商品詳細を見る


このコンセプトアルバムも↑と同じ印象
最高としか言いようがない


ア・ドラマティック・ターン・オヴ・イヴェンツ(スペシャル・エディション)(初回限定盤)ア・ドラマティック・ターン・オヴ・イヴェンツ(スペシャル・エディション)(初回限定盤)
(2011/09/07)
ドリーム・シアター

商品詳細を見る


聴く前から楽しみにしていたドリームシアター最新作
ここ最近で最も聴いている

ていうかドリームシアターばっかりになってしまう
他思いつくのもざらーっと紹介!

Andy Timmons

That Was Then This Is NowThat Was Then This Is Now
(2002/05/07)
Andy Timmons

商品詳細を見る



Greg Howe、Victor Wooten、 Dennis Chambers

ExtractionExtraction
(2003/10/07)
Greg Howe、Victor Wooten 他

商品詳細を見る



Mattias Ia Eklundh

Freak Guitar: The Road Less TraveledFreak Guitar: The Road Less Traveled
(2005/09/06)
Mattias Ia Eklundh

商品詳細を見る



Anubis Gate

DetachedDetached
(2009/05/05)
Anubis Gate

商品詳細を見る


Animals As Leaders

Animals As LeadersAnimals As Leaders
(2009/04/28)
Animals As Leaders

商品詳細を見る



Steve Vai

Real Illusions: ReflectionsReal Illusions: Reflections
(2005/02/22)
Steve Vai

商品詳細を見る


Sadist

SadistSadist
(2007/07/17)
Sadist

商品詳細を見る


神保彰

Four ColorsFour Colors
(2007/05/23)
神保彰

商品詳細を見る

うん、無理だ
いつかまたちゃんと紹介します
ちなみに紹介したのは好きなもの順ではないです


M.S.S.Project
日本ファイナルサラマンダー
プロフィール

M.S.S Project

Author:M.S.S Project
ニコニコ動画で活動中の
M.S.S Projectです
演奏動画、音楽制作、ゲーム実況、
初音ミク、料理動画、生放送etc 
このBlogはKIKKUN-MK-Ⅱと
FB777とeoheohが更新します

【KIKKUN-MK-Ⅱ】

Twitterはこちら
MIXIはこちら
きっくんのHPはこちら

ギタリストであり作詞、作曲、
編曲もたまにやります。
実況動画では最も喋り騒ぐ。
外部でCDにギターで参加したり
「日本ファイナルサラマンダー」という
音楽グループで、
IOSYSのminamiとエロ漫画家ピクピクン
とで活動中。

【FB777】

Twitterはこちら
PIAPROはこちら

ほぼ全ての動画の編集とUPをしている
全自動動画投稿機。
初音ミクや打ち込み系の作曲、
作詞、編曲などしてます。
公式番組用の曲提供もしたり。
実況ではまとめ役をしようとしている。
サングラスにバンダナと迷彩が鉄板スタイル

【あろまほっと】

Twitterはこちら
MIXIはこちら

毒舌王でありかなりのフリーダム野郎。
実は一番ゲーム実況に
やる気を出すという一面もある。
Haloへの愛情は
地球上の何者よりも優先する
般若の面スタイル、もしくはバットマン

【eoheoh】

Twitterはこちら

癒やし系。プリンを作るのが得意。
どのゲームもプレイするのが上手なので
高難易度では絶対に必要だ。
たまに作詞もしたりする。
公の場ではフードで顔を覆う。恐い。
謎のスタンドスタイル

検索フォーム
QRコード
QR
スカウター

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。